nekoの夢見

チリ


昨日は沖縄では旧盆の最終日でしたので、学校やお店など「お休み」

のところが多く、私も久しぶりに家でお昼のワイドショー番組を観ていました。


『 南米チリのアカタマ州 サンホセ鉱山で落盤事故があり

地下で作業していた作業員33名の安否は事故から2週間以上経過して

いて絶望的だと思われていたが、地下700mにあるシェルターで

33人全員が無事に生存していた。 』と伝えていました。


救助隊が捜索の為に開けていたドリルの歯の先に、家族へのメッセージが

付けられていたので生存が分かったそうです。

鉱山なので、地下水脈が近くにあるらしく暗闇の中 作業車を探し

そのライトで照らし、地下水脈を掘り当て水を得たり、備蓄してあった

缶詰を食べてしのいでいたそうです。


取りあえず救助にはまだまだ日数を要するようで、チリの重機では

12月21日ごろ(冬至の頃ですかね)まで=4ヶ月ほどかかってしまう

そうです。。。。。

酸素と水、食べ物などは10cmほどの穴(救助隊が開けた穴)から

送ることができるそうですが、何ヶ月もほとんど暗闇で(日光に当たらず)

精神的にも肉体的にも持つのでしょうか。。。。。


***************************

少し前に『 サーペント・オブ・ライト 』/ドランヴァロ・メルキゼデク著

という本を買って半分ほどを読んでいました。

以前の記事、「サイクル」 や 2012年のアセンション等々の

事柄と関連している動きだと思うのですが、


この本では  地球には「クンダリーニエネルギー」が地球の中心(内部)

と地表のどこかに繋がっていて、この地表に繋がっている部分が約

1万3千年ごとに地球のどこかに移動し、次の時期が来るまでそこに

留まるそうです。今回この移動するのが巷で言われている「2012」年ごろ

(でも実際には2002年から始っているのか?移動しているらしいです)

と重なっているそうです。


これまではインド、チベット一帯に地球のクンダリーニエネルギーは留まって

いましたが、次の1万3千年は南米チリ、ペルーに移り留まるそうです。

これまで男性的な考え方や力で支配する「父権」的な流れであったのが、次は

極が変わるので「母権」的な女性性が復活する流れにシフトしていくのでは?

というような話しが書かれてました。



今回のチリでの落盤事故のニュースを観ていて、生命が産まれる前の

「こもり」(母の子宮の中)を事象として見せているように感じました。

なので33名の全員が無事に地上に出てこられるよう、切に願います。



***************************


余談ですが、チリのアカタマ州には、「アカタマ天文台」 「アカタマ砂漠」

「塩湖」などがあり、あまり知られていませんが「リチウム」の埋蔵量は

チリが世界一なんだそうです。


■ 株式会社イーステートさんのサイトの記事

http://iii-estate-kawamura.blogspot.com/2009_10_01_archive.html
[PR]
by nekonekonikuqu | 2010-08-25 20:36 | 夢解き・キーワード
<< 布袋 夏模様 >>



夢で見たもの、キーワードを繋ぎ合わせたら何かが観えてくる?
最新の記事
引越します
at 2011-02-02 22:22
元日桜
at 2011-02-01 17:01
リンク 追記
at 2011-01-30 21:05
子供
at 2011-01-29 22:28
水路
at 2011-01-26 12:21
at 2011-01-25 14:58
at 2011-01-24 09:13
不思議な雲
at 2011-01-24 00:22
画像
at 2011-01-23 14:27
ただいま
at 2011-01-23 13:44
続き
at 2011-01-21 21:01
今日の夢
at 2011-01-21 20:55
ハリウッド
at 2011-01-20 10:44
木馬
at 2011-01-18 11:28
カテゴリ
以前の記事
検索
ブログパーツ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧