nekoの夢見

1月3日の夢

ちょっと恐かった・・・。
大阪の梅田のアーケード街のようなさいの目のような通りを歩いている私。バイトを探しているようだった。アーケード街の一角に広場があり、そこには大勢の美容師さんが白百合の花を活けていた。(花瓶などではなく、花壇に活けていた。)彼等のリーダーは知人の『ミナコ』さんだった。
私はお花をデジカメで写そうとレンズを覗くと、白百合が赤いチューリップなど色とりどりの花に変わった。
広場を抜け何処かに行こう歩いているが、何故かブロック塀の上を歩いていた。すると、豚が私の足元に来て塀から落とそうと邪魔をしてきた。続く。
[PR]
# by nekonekonikuqu | 2011-01-06 14:55 | 夢解き・キーワード

1月2日の夢

結婚式場もあるホテルのような場所にいる。(お客で居るのか、スタッフなのか?)そこに『宇良』(うら)さんという女性がいて私にここのスタッフに一目惚れした。と話してきた。※宇良というのは多くはないですが、沖縄の姓です。 彼女は既に結婚もしていて子供もいるのに、家族をあっさり捨てて新しい彼を追いかけて行くようだった。
そこに彼女の旦那さんが現れ、彼女の様子を見ていたようで私は、マズイことになったなぁ。。。と思ったけれど、旦那さんは悲しそうだったが、奥さんが決めたことなら、それで良い。と言った感じで引き留めることはしないようだった。
旦那さんと私はしんみりしながら結婚式場のフロアーの前を通りかかった。そこに少しぽっちゃりとした丸顔の黒人の女性が真っ白のウエディングドレスを着て椅子に座っていた。 少し離れた所に椅子が沢山置かれあり、2人の赤ちゃんが白いドレスを着て這い出して来た。2人ともか忘れたけれど、さっきの黒人女性の子供のようで、一人は宇良さん(旦那さん)が抱っこして、もう一人は私が抱いてお母さんの所まで連れて行った。
[PR]
# by nekonekonikuqu | 2011-01-06 11:22 | 夢解き・キーワード

1月1日の夢

大学生かまだ若い男性から私の携帯に電話がかかってきた。まったく見ず知らずの人だったが、彼は私が働いている?音楽事務所?の社長でもあり、自ら『歌手』としても活躍中の男性(中年)に文句があるみたいだった。
彼はどうしても電話でも直接社長と話しをしたい。と食い下がり、私は仕方なく社長の秘書である女性(現実の知人)に連絡を取るしか方法はないかなぁと考えていた。 社長と連絡が取れた時の為に若い男性の連絡先を聞いたら、098から始まる(市外局番)沖縄の番号で、沖縄の人かと思っていたら、今は関東の大学(つくば大学?)で『水道管』の工事をしている。と言った。
[PR]
# by nekonekonikuqu | 2011-01-05 21:12 | 夢解き・キーワード

カシオペア

28日の夢で、一度起きた後で見た夢。
私は洋服屋でバイトしているみたいで男性の若い店長がいた。店の奥は外に一旦出た所に赤い不思議な形の植物が入口を塞ぐように生えている小屋があり、滅多に人が来ないせいか野良猫達が住み着いていた。その中の一匹の真っ白な雌猫に『スズちゃん』と名付けて可愛がっていたが、ボロボロでうす汚れた雄猫が、いきなりスズちゃんの上に乗っかり交尾しようとしていた。
その小屋の左側は崖になっていて崖沿いに小道があった。そこからは眼下に街の夜景が綺麗に見え、左手に『ウミヘビ座』?のような星座とその右手に『カシオペア座』が並んであった。
[PR]
# by nekonekonikuqu | 2011-01-05 20:12 | 夢解き・キーワード

年末から

12月28日の夢 母と私の2人で『うどん屋』のテーブルに座っていると、知人(以前の夢で私の背中に毒水をつけた女性)がやって来て、同じテーブルに座った。お互い接触は避けてきたのにどうして?と思っていたら、『私、余命があと一年なの』と告白・・・・。 ここで驚いて目が覚めた。
現実として彼女が一年で病死するとかではないと思うのだけど、誰か神が引退するのか? どういう意味かしら・・・。
[PR]
# by nekonekonikuqu | 2011-01-05 19:44 | 夢解き・キーワード

2つの珠


 ここしばらく、「タカラ」 「カギ」 「玉」(珠、魂など)と

 キーワードがでていて、追いかけてました。


 数年前に 「神功皇后」(息長タラシ姫)を調べていた

 時期があり、その時に「ヨト姫」(与止姫 淀姫)と

 あと海神の娘「豊玉姫」、「潮満珠」「潮干珠」の2つの

 珠の話しの絡みも調べていました。


 ・ヨト ヨド姫:與止日女神(与止姫) 淀姫 などとあり

 北九州地方を中心に祀られている女神で、「豊玉姫」と

 同神である。とか「神功皇后」の妹であるなどの説があるようです。

 「豊比咩神社」の祭神「豊姫」のことである。という説も。。。。



◆http://www.valdes.titech.ac.jp/~kuwako/saga%
203.pdf#search='潮満珠 潮干珠 神功皇后' より

有明海・沖ノ島参りの御髪大明神

この行事は、地域の農業にとって重要な治水・利水を操作する

青い潮満珠と白い潮干珠をもたらす与止日女信仰が背後にある

ようです。与止日女は『肥前国風土記』にも登場する肥前一宮・

河上神社の祭神で、通行者を遮る荒ぶる石神の世田姫、満ち潮に

乗って海から川を遡る鰐の姿の豊(ゆた)姫ないし鰐大明神、あるいは

龍宮の豊玉姫としても語られており、地域ごとにヴァリエーション

豊かな伝説が付随しています。この女神は嘉瀬川の水の守り神であり、

嘉瀬川の石井樋の付近、すなわち川の流れにとって治水上の重要地点

にその宮はあり、神宮寺を擁する神仏習合の信仰を保ってきました。

御髪大明神や淀姫神社は「沖ノ島参り」に参加する有明海沿岸地域に

広く分布しています。~省略

しかし、何よりも与止日女神話が中央にまで伝わるようになるのは、

神功皇后の軍事作戦への協力という御髪大明神の伝説に媒介された

からです。中世、特に蒙古襲来の危機に八幡神社がその名をとどろ

かせたとき、与止日女も全国区になったのだと考えられます。

この時の与止日女に対する中世的な表現が、御髪大明神という呼び方です。

この御髪大明神の名は、「神功皇后が海戦に備え男装する際、髪を

川に浸したら龍女が顕われ手伝い、自然と髪が二つに分かれ男子の

髪型であるミズラの髪型を結った」との、中世『宇佐託宣集』や『八幡

愚童訓』に記される伝説に由来します。




正直なとこあまりよく分からないし、メジャーな神ではなさそう

なんですが、「ホツマツタエ」に関する本には

「海幸・山幸」で有名な話しがホツマにもあり、兄の海幸から

大事な「釣り針」を借りて山幸は釣りに出かけるが、

釣果もなく、おまけに釣り針を失くしてしまい、兄は山幸が

どんなに謝っても許してくれず、山幸は海辺でしょんぼりと

していました。

そこへ「シホツツの翁」が現れ、山幸の話しを聞き助けて

くれることに。シホツツの翁は籠に「目無し堅網」という網を

一緒に入れて山幸に海の龍宮へ行かせます。

ここで山幸は「豊玉姫」と出逢い、結果的に海神から

「潮満珠」と「潮干珠」をもらいうけるのですが、「釣り針」を

見つける際に、「目無し堅網」を使いなさい。とシホツツ翁は

「和歌」にメッセージを託していたので、ハデツミノ神(豊玉姫の父)

はこの「網」を使える「海女」を探します。

唯一、この網を打てる海女が「散女」(アカメ)という者で

散女に堅網をうたせます。すると、大鯛が「グチ」という魚をくわえて

ハデツミノ神の前に進み出ました。大鯛が口にしていた「グチ」

が海幸の釣り針を飲み込んでいたのです。

この功績から、散女は「ヨト姫」という名を賜った。とホツマには

記されているそうです。「ヨ」とは、「善」「良い」の意味で、「ト」は

数字の「十」で「完全」とか「最高」とかという意味らしいです。


さらに付け加えると、普通の神話(記紀)では豊玉姫

玉依姫(神武天皇の母)は姉妹神とされていますが、

ホツマでは、ハデツミノ神(海神)の娘が「豊玉姫」で、その弟の

娘が「玉依姫」となっています。叔母と姪の関係でもあり、

豊玉姫の息子の嫁が玉依姫なので、義理の母娘の関係でも

あるらしいです。


つづく
[PR]
# by nekonekonikuqu | 2010-12-22 13:02 | 夢解き・キーワード

西瓜


お久しぶりです。ここのところどこかに「旅」に出ている

夢が続き、起きてから内容を文章に出来ないことが

続いていました。


今日の夢は まだどこかに出かけているようでしたが

何人かづつのグループに分かれて行動していて、

各グループのリーダーのような人が、「西瓜」を1/3~

1/2にカットしたのを持ち寄って、後でみんなで分けて

食べるようでした。


あとは「母」の洋服ダンスを何故か私が整理していて、

母の「財布」が入ったバッグがあり、私は母が財布を持たないで

外出して大丈夫かな。。。。と心配していた夢。



********************

一昨日の夜、久しぶりに本棚の本をパラパラと手に取って

見ていたのですが、10年近く前に読んだ本のある箇所

にちょっと気になることが書かれてました。

沖縄本島の南部、那覇市のはるか西に「慶良間諸島」が

あるのですが(座間味島など ホエールウォッチングなどで

有名な島) そこの海底には与那国の海底遺跡のような

人工的に造られたと思えるような場所があるそうで、

ある男性ダイバーがユタのおばあさんにこの事を聞いてみると

その場所(海底)は古代の神代の時代、神々が「人」を作った

実験場であったが、「神」と呼ばれる存在達もこの実験から

自分達自身もまた別の存在によって、作り出された存在

であることを知った。とユタのおばぁは話したそうです。



ニビルの神々が「アダムとイブ」(人類)を作り出し、そこから

支配と依存の世界(抜け出せない輪)が続いている。という

見解が最近出てきていますが、nekoはニビルの存在達も

「男」と「女」という性別に分かれていたのなら、彼らよりも

もっと高次の存在が居てニビルやニビル以外の星存在

になんらかの関与があったのではないか?と思ってました。
[PR]
# by nekonekonikuqu | 2010-12-20 09:15 | 夢解き・キーワード



夢で見たもの、キーワードを繋ぎ合わせたら何かが観えてくる?
最新の記事
引越します
at 2011-02-02 22:22
元日桜
at 2011-02-01 17:01
リンク 追記
at 2011-01-30 21:05
子供
at 2011-01-29 22:28
水路
at 2011-01-26 12:21
at 2011-01-25 14:58
at 2011-01-24 09:13
不思議な雲
at 2011-01-24 00:22
画像
at 2011-01-23 14:27
ただいま
at 2011-01-23 13:44
続き
at 2011-01-21 21:01
今日の夢
at 2011-01-21 20:55
ハリウッド
at 2011-01-20 10:44
木馬
at 2011-01-18 11:28
カテゴリ
以前の記事
検索
ブログパーツ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧